--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/01/27

CoincheckにおけるNEM盗難の話(初心者向け)

Coincheckという国内最大の取引所で
NEMという通貨が500億円超が盗まれたらしいですね…


僕もなんといっても仮想通貨ホルダーなんで笑
このニュースにはびっくりしました。

というわけで、仮想通貨最近すごい話題だけど
今回の一件はなんだったの? というのをざっくり
かつ初心者・仮想通貨ナニソレ?状態の方に説明します!!


まず今回の被害者でもあるCoincheck!
これは仮想通貨”取引所”であり、ユーザー(顧客)の
仮想通貨の購入窓口みたいなところです。


実際に日本でこの取引所を使う場合には
日本円を入金し、様々な仮想通貨に替えてくれます。

Coincheckはその取引の際の手数料として購入者から徴収、
利益を上げているわけです。

そして私たちが買った仮想通貨はCoincheckが管理(通常は)し、
保有していることになります。

そして今回盗難されたNEMという通貨。
NEMという通貨はマイニングが無く
代わりにハーベスティングというものがあります。
(これについては後で別記事書きます。)


NEMの長所は取引スピードの速さ(1秒間に1500件以上の取引が可能)。
そんな通貨が盗まれました。


Why?(出川さん風)


Coincheck側の会見ではNEMはネットワーク上におきっぱだったらしく
また、マルチシグも未設定…(マルチシグも後で解説書きますね笑)

なぜネットワーク上におきっぱだったかというと,スーパーノード化して
Coincheck自体がハーベスティング報酬を受け取っていたという思惑が見て取れます。


ちなみに他のXRP(Ripple),bitcoinなんかは大丈夫みたいですね!!
(会見ではイーサ、ビットコインはコールドウォレット化してたみたい)


仮想通貨史上最も大きい事件だけに、世間からの注目も高いようです。
yahooでもトップニュースになるのも珍しくなくなってきましたね笑


今後のCoincheckの対応に注目が集まります。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。